患者様へ
患者様へ

営業時間

営業時間
9:00~18:00

土曜は9:00~12:30
休業日:日曜・祝日

来局される患者様へ

当薬局では、来店される患者様が安心し納得して安全にお薬を服用できるよう努力する中で、皆様の健康と医薬品適正使用を目的に、弊社の個人情報保護の取扱いに関する基本方針にもとづいて、皆様の個人情報を以下の通り安全かつ適切に取り扱っています。

皆様の個人情報の利用目的

  • 医薬品を安全に使用していただくために必要な事項の把握(副作用歴、既往歴、アレルギー、体質、併用薬、ご住所や緊急時の連絡先など)を行っています。
  • お薬の重複や飲み合わせのチェック、病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者など他の医療機関等と、必要な照会対応や連携を図ることがあります。
  • 必要に応じて家族などへ処方内容や薬に関する説明を行うことがあります。
  • 医療保険(自賠責保険・学校保健・労災保険など含む)の請求書・明細書・領収書の発行事務を行うとともに、関連機関からの問い合わせの応対や書類の交付を行うことがあります。
  • 調剤サービスや業務の維持・改善のための基礎資料として利用することがあります。
  • 薬学生など弊社と雇用契約を結んでいない者の薬局実務実習に利用することがあります。(個人情報保護に関する誓約書を個別に締結します。)
  • 外部監査機関へ法に則った情報提供を行うことがあります。
  • その他、調剤サービスの提供にかかわる業務を行います。

お薬手帳をお持ちの方へ

お薬手帳は医療機関にかかる時は必ずご持参下さい。薬の重複や良くない飲み合わせを未然に防止できます。また、薬の使用の記録が手元にあることで、災害時など医療機関の情報が喪失した場合でも迅速に対応することが可能になります。

お薬手帳はお持ちですか?

複数のお薬手帳をお持ちの方へ

お薬手帳を1冊にまとめる事を強くお勧めします。お薬手帳を1冊にすることでお薬手帳が有効に活用出来るようになります。

患者様のために

私たちは、日々患者様の為に出来る事を模索し、「昨日より今日、今日より明日」と歩みを止めることなく改善し進歩していきます。

  • かかりつけ薬局の実現
  • 調剤過誤の防止
  • 待ち時間の短縮

を目標に日々研鑽してまいります。

かかりつけ薬局の実現

皆さん日頃から何でも相談できる「かかりつけ薬局」をお持ちですか?かかりつけ薬局とは薬や健康の事を何でも相談できるパートナーです。ぜひ、顔なじみの薬剤師がいる「かかりつけ薬局」を1つ決めておくことをお勧めします。

かかりつけ薬局の実現

かかりつけ薬局のメリット

  • 重複投与や相互作用の防止
    皆さんが使用する薬を一つの薬局でまとめて管理すると、複数の医療機関から類似薬が処方されているのに気づいたり相互作用が起こるのも防げます。
  • 健康をサポートする様々なご提案が可能
    病院のお薬の相談以外にも市販薬の提案や、お伺いした内容によっては医療機関への受診をお勧めしたり、介護などの相談等、薬と健康に関する幅広い知識から解決策を提案出来ます。

当薬局では何でも相談できる相談薬局として地域の皆様からご支援いただき、開局以来大変多くの皆様から家族の病気の事や介護・健康食品などのご相談をいただいております。ぜひ未だかかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師をお持ちではない方は当薬局でご相談されてください。

調剤過誤の防止

調剤過誤防止の為、お薬手帳のチェック・調剤監査システム・薬の相互作用監査システム・薬剤自動識別照合システムなどを他社に先駆けて導入し調剤の安全安心に全力を尽くしています。

調剤過誤の防止

薬剤自動識別照合システムとは

より安全・安心な業務遂行への要求にお応えする、計量数量調剤における高い薬剤自動識別照合機能を搭載した監査支援システムです。当薬局で調剤を行う薬剤は全て当システムで機械的に照合及び数量チェックを行い、記録した後、再度薬剤師の下で監査を行い投薬を行います。

待ち時間の短縮

多く寄せられる要望の一つが待ち時間の短縮です。具合が悪くて辛い体で病院へ行き、さらに外の薬局へ薬を取りに行くのは大変だと思います。私たちに出来る事は何か、待ち時間を短縮するために何が出来るのか、日々改善と実行を行っています。 またスタッフ教育にも力を入れ、患者様とのコミュニケーションを第一に何が必要なのかを考え日々改善を行っていきます。

待ち時間の短縮

どうやって待ち時間を短縮しているの?

調剤レセコンの高速化・高機能な自動薬袋発行システム・薬剤自動識別照合システムを導入することで、受付→入力→調剤の時間を短縮。調剤の質を保ちつつ、待ち時間の短縮を実現しています。